能力・努力・継続 どれが最強?《別府市の学習塾》

2022.5.14|ウインロード通信

こんにちは。進学予備校ウインロード別府校 佐藤です。

 

能力の差は、小さい

努力の差は、大きい

継続の差は、とても大きい

 


 

中学生の時に全く歯が立たないほど成績優秀だった人が、

高校に入学して一瞬にして成績が落ちてしまった・・・

あるいは、中学生の頃はそれほどでもなかったが、

高校に入学してから成績が急上昇している

 

上記のような2名は毎年確実に存在します。珍しいケースではありません。

 

中学時代、必死に勉強しなくても、コツコツ勉強しなくても、

良い成績が取れていた子は特に注意が必要です。

 

高校の学習内容は難易度が高いにもかかわらず、

ひとつひとつの単元をじっくり学習していくようなスタイルを取っていない。

 

そもそもじっくり勉強するような学習時間数が確保されていない。

どんどん進んでいかなければ、大学入試までに基礎知識を教えて

入試対策を実施するなんて不可能だ。

 

問題演習を宿題のみで終わらせている人、

宿題とプラスして演習していく人

差はすぐに生まれないかもしれませんが、

これが最強です

 

1年、2年後には「追いつけないんじゃないか・・・」と、

思わせるぐらい大きな差が生まれています。

 

【「継続」の差はあなたをとんでもない場所へと導いてくれる唯一のルート】

大学入試に合格した人不合格だった人の平均学習時間数の差は

わずか17分/日だったというデータもある。

 

あと一歩の努力を継続する力は最強です。

 

成績が良い友人や知人を想像してみて下さい

間違いなくこの行動を実行していますよね。

Follow me!

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。

トラックバックURL

PAGE TOP