別府鶴見丘高校 学年1位を取りました。【別府市・大分市の学習塾】

2022.8.2|ウインロード通信

別府鶴見丘高校

学年1位を取りました。

数Ⅰ 1位

数A 2位


こんにちは。進学予備校ウインロード別府校です。

 

別府鶴見丘高校1年生R君が定期テストで学年1位を取りました。

大変すばらしい結果です。おめでとうございます。

今後も大学入試を見据え、油断せずしっかり理解しながら先へ進みましょう。

 

彼がなぜ高得点・高順位を取ることができたのかは、簡単な話で取り組みの早さです。

ここにたどり着くまで、見えない努力がたくさん入っています。

 

中学3年生の頃、多くの生徒と同じ様に大分県公立高校入試の学習が中心でした。

しかし、そこがゴールではなく通過点という意識を持ってもらい、早々と中学内容を終了させ、高校内容を同時進行で進めてきました。結果、もちろん完璧ではないですが、数Ⅲまで終了しています。今後の彼にも期待していきたいです。

 

しかし、1つ気になることが・・・「なぜ、報告が遅かったのか?」

聞いてみると彼らしい真面目な理由がそこにありました。

別の高校に通う友人と会話中

 

「学年1位だったよ。」

「凄いね。何点だったの?」

「95点だったよ。」

「95点で1位なんだ?」

 

このやり取りがあり、報告が遅れたようです。

友人もかなりの強者らしく、良いライバルです。

次回はリベンジのため100点を目標に準備しています。

 

 

個人差はありますがほとんどのお子さんは「先取り学習」できると確信しております。学年や学期という天井を壊すことに躊躇してしまいそうですが、しっかりした計画と目標を持って管理すれば問題ありません。小学生が中学内容・中学生が高校内容といったようにウインロード別府校のほぼ全生徒は実行しています。

学習の習得に特化した考えを追求すると、「わかるなら先へ進む」は、当たり前の思考だと思います。「できる」「知りたい」という気持ちを止めずに進めていった結果、気がつけば先の内容をしており、R君のような生徒になっている。といったことが可能となります。

Follow me!

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。

トラックバックURL

PAGE TOP