東大一直線の子、二流止まりの子 それぞれの思考パターン

2013.5.20|江本のつぶやき

PRESIDENT Online 2013年3月24日(日)配信

「中学の早い段階で人生の分かれ目になるポイントがあります。その1つが春休みです。1学期から猛ダッシュできる子というのは、合格を勝ち取った後の春休み中も、ある程度は勉強習慣を継続しています。一方、合格だけが目標だった子は“燃え尽き症候群”のような状態になってしまいがちです。休日や睡眠時間を減らして勉強してきただけに『しばらく、休ませて』と合格した途端にやる気が落ちて、極端に勉強時間が減少してしまう・・・・

 

ぜひお読みください。

 

東大一直線の子、二流止まりの子 それぞれの思考パターン★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。